ブログ

人間の器

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|hitote.jpg

あなたは、水が6割入ったグラスを持っています。

そこにまた、もうひとつ6割入ったグラスを見つけました。

チャンスとばかりに手に取りました。

両手に6割入った水。

あなたはさらに水を増やしたいと思っています。

でも両手がふさがっているんです。

こんなとき、どうすれば増やせますか?

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro2.jpg

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro2.jpg

普通の人は、オロオロしてどうしようもなくなって

誰か人が通るのをじっと待ちます。

人が来たとき

「お願いします、このグラスに水を注いでください」

貴重な水を注いでくれる人なんて、そういません。

そうして、中途半端なまま

時間ばかり過ぎてしまうのです。

ギリギリまで入ったグラスを、運良く両手に持った人。

そういう人がこの展開にハマると

「一発屋」と呼ばれるわけですね。

じゃあ成功者はどうやって増やすのでしょう?

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro2.jpg

簡単です。

右手の水を左手に移し

残りの2割の水とグラスを捨てるのです。

この「捨てる」という行為をできるのが成功者です。

捨てるっていう字は拾うっていう字よりも、

画数が多いんです。難しいんです(笑)

片手が空いた成功者、彼はその後、

空のポットを見つけました!

そして一杯のグラスから、ポットに移し変え

グラスを捨ててまた歩き出しますヽ(´ー`)ノ

それを繰り返し、どんどんレベルを上げていくんです。

別に今が湯のみだろうが

オチョコだろうが構わないんです。

大事なのは

いままでと同じ器を持ってませんか?

ということです。

わたしたちは毎日成長してます。

自分に見合った器を手に入れてください♪

器を大きくするために、捨てるのは少し辛いことかも

しれないけど・・・

辛い という漢字は

幸せ  の 一歩手前 という意味なんですから^^

関連記事

ページ上部へ戻る