間取りの悩み、相談、家づくりの相談。子どもと暮らす夫婦のための家づくりを応援するサイト

家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|siro1.jpg 家づくりコツ・設計無料のココロを集める家づくり相談・間取り提案|kotu.jpg

平屋と2階建て

平屋建てで140uの家と2階建てで140uの家

どちらも面積が一緒ですが、実は値段には差がでるんです。

2階建ての家を、1階70u2階70uだとします。

では基礎の面積は平屋と2階建てそれぞれいくつで しょう?

基礎の面積はつまり1階の面積になるので、平屋は
140uなのに対し、2階建ては半分の70uです。

では今度は屋根の面積はいくつでしょう?

屋根の面積は最上階の面積になるので、平屋は140u
2階建ては70uになります。

この差がコストの差になります。

つまり、基礎や屋根の面積が大きいということは、
材料費や施工費がかかり、結果平屋建てのほうが
高くなるということになります。

平屋には平屋のメリットがあり、安いから単純に
2階建てがいい、という話にはなりませんが、
ひとつの参考にはなると思います。