ブログ

間取りをつくる際のポイント

一般的な日本の家の場合、”間”という単位をつかいます。

1間=6尺となり、ちなみに1尺=303です。

基本的には1間を約1820と考えます。

方眼紙などで間取りを考える場合は、わかりやすく1マス(1cm)を910と

考えましょう。

それも面倒だと感じられたら1マス(1cm)を1mとして考えてもよいと思います。

大切なことは、まずは間取りをつくることです!

建物の外形は1マスもしくは0.5マス単位で考えてください。

10マス×6.5マスなどの家はOKです。

間取りをつくるときの注意点を1つ

例えば、おっきなリビングが欲しい!と思い間取りをつくる場合、5m×5mの

大空間!というのは、構造的に難しい場合が多いです。

なぜならどこかに建物を支える柱が必要になるからです。

ですので、1辺を4m(4マス)以下にするようにしてください。

4m×5m、4m×8mなどのような空間であれば可能ですので、その点だけ

注意してください。

あえて柱をだしてもいい!という考えがあれば、それも素敵だと思います♪

この点だけ気をつけて間取りをつくってください^^

関連記事

ページ上部へ戻る