ブログ

家事コーナーが欲しい!

家族構成:ご主人、奥様、長女(3)

希望の大きさ(坪数):坪数指定なし

ご要望:1階 LDK、水廻り(1F厳守)

     家事コーナーは絶対!収納多めに

     可能であれば和室(他の部屋が狭くなるならいらない)

     子どもはもう一人ほしいので、子ども部屋2部屋は必要

     車1台所有

     敷地が狭いのでどんな家ができるのかを知りたい

敷地情報子どもと暮らす夫婦。家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|sikiti5.jpg

32坪ほどのやや狭い土地の中で、どれほど要望を叶えられるか知っておきたいという

依頼をいただきました。

敷地は南道路で、土地の形状としてはシンプルな土地です。

この土地で私が提案したのがこちらのプランです。

子どもと暮らす夫婦・家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|1fplan5.jpg

 1F:49.68㎡ 2F:44.71㎡ 延べ面積:94.39㎡(28.55坪)

敷地に限りがあるので、まずはまとまった庭を確保するために、駐車場の位置を

じっくりと検討しました。

玄関には土間収納を設け、それぞれの場所に収納スペースを確保し、またキッチン

側から階段下を収納として利用することもできるようにしてあります。

そして要望の強かった家事コーナーはキッチン内部に設けました。

この場所はやや隠れた場所になるので、奥様だけの場所になるような配慮です。

この間取りで特徴的なのは、ダイニングスペースをタタミにした提案です。

まず、このタタミスペースは高さを40cmほどUPし、ソファと同じ高さにするのが

前提です。

そうすることで目線が同じ高さになるので、気にならなくなりますし、タタミで

ごろんと横になってTVを見ることもできます。

リビングと一体として使うこともできますし、ダイニングスペースとして終わらせず

様々な利用ができるかと思い、タタミの提案をしました。

子どもと暮らす夫婦・家づくりの悩み相談・設計無料の家づくり間取り提案・住宅プラン実例|2fplan5.jpg

2Fはシンプルな間取りになっています。

提案している間取りは主寝室と子ども部屋を仕切っていますが、まだお子様が1人と

いうことなので、必要な時期がくるまでは一体としてつかい、必要になったときに

壁をつくって部屋を分けてもいいかと思います。

そのほうが1部屋として広く使えますし、使わない部屋がなくなっていいですよね^^

関連記事

ページ上部へ戻る