家づくりの”コツ”

  1. ドラえもん

    もしものび太にドラえもんがいなかったとしたらどうなっていたと思いますか?のび太はどんな人生を送っていたと思いますか?誰もが知っている国民的アニメ"ドラえもん"未来からやってきたドラえもんは、いろいろな道具をだして、いつも困っているのび太を助けてあげています。

    続きを読む
  2. 一歩前へ!

    設計者だけではいい家ができないということ気づいていました?家は他の建築物とは違い、デザインが良ければいいというものでありません。どんなにいい設計者であっても、そこに住む方の意見なくして満足のいく家ができあがることってないんです。

    続きを読む
  3. スポンジのように・・・

    私の甥っこの話をします。ある日彼が楽しそうに絵を描いていました。“日が落ちた頃に猫が登場する”という絵でした。彼はしばらく描いてから、猫を少し黒く塗り「夜の色がついたの」と言いました。日が暮れて“暗くなった”のではなく“夜の色がついた”と表現しました。

    続きを読む
  4. 友達の話は話半分に!

    人が生きていくための基礎となる「衣・食・住」その中でも“住”とは、私たちの日常生活と密接な関係にあります。・6帖一間のアパートに住んでいる時・3LDKのマンションに住んでいる時・一軒家に住んでいる時それらは全く同じ生活になりますか?まず間違いなく同じ生活にはならないでしょう。

    続きを読む
  5. 提案する人 話を聞く人

    ある営業マンはあなたの話を全て聞いてくれ、その要望を否定することなくあなたの要望そのままの家を提案する。ある営業マンはあなたの話を聞き、これはこうじゃないかとあなたの要望にストップをかけ、その営業マンがもっている家に対する想いを熱く話始める。

    続きを読む
  6. 初心者なんです

    おそらくほとんどの方にとって、家づくりは初めての経験でしょう。中には2度目3度目という方もいらっしゃいますが、それはごく一部の方です。家づくりには膨大な量の知識や情報が必要となります。

    続きを読む
  7. 家と箱のちがい

    家から人がいなくなりました。人の住んでいないLDK、和室、主寝室、洗面所、浴室などのある建物。・・・・・・・あなたはその建物を“家”と呼ぶことができますか?特に思い入れのない、人のいない建物は、きつい言い方をすると単なる“箱”になってしまいます。

    続きを読む
  8. 家族の会話を増やす

    「もっと家族で時間を過ごしたい」「最近会話が全然なくて家にいてもさみしい」同じ場所にいるからと言って、必ずしも楽しい時間を過ごせているわけではないです。

    続きを読む
  9. 営業マンのうらがわ…

    あなたが家が欲しいと思った時、または家を建ててみませんか?とあなたに接してくるのは、営業マンですよね。契約するときも当然のことながら、営業マンが契約書を用意したり、資金面の話をしたりします。打ち合わせが進み、この業者にお願いしよう!と決断されたとします。

    続きを読む
  10. セコム、してますか?

    現在住宅でどれくらいの泥棒・空き巣の被害が発生しているかご存じですか?年に約10万件都内だけでも1万件もの被害が発生しています。実は私も小さい頃に家に泥棒にはいられそうになった経験があります。

    続きを読む
  11. 有名私立中学に合格!?

    今日はこどもの成績があがる話をしたいと思います。これを知っておくと、お子さんが勉強するようになり、難関と言われている名門中学校に合格することも夢ではありません。また、今までよりも家族の会話が増え、よりコミュニケーションをとれるようになります。

    続きを読む
  12. 30万円得をする?

    少し前から話題になっていますね。エコポイントTVやエアコン、冷蔵庫などの家電製品を対象として統一省エネラベル4☆相当以上の家電を購入された場合にポイントがもらえ、商品などと交換することができるというものです。最近では自動車のCMでもよく目にするようになりましたね。

    続きを読む
  13. 坪単価の裏話

    「坪単価なんと29.4万円!」こんな広告をご欄になったことは一度はあるのではないでしょうか。30坪の家を建てるとすると30×29.4万円=882万円そんなに安く家が建てられるの???安い!と思ってしまってはいけませんよ?それは大きな誤解をしていますから。

    続きを読む
  14. リフォームの罠

    某TV局でも人気の「劇的ビフォーアフター」この番組が人気なように、今リフォームに注目が置かれています。2009年日本での新築住宅着工棟数は約80万戸でした。では現在ある空家の数はどのくらいあるかご存じですか?その数なんと約660万戸!それだけの空家があるんです。

    続きを読む
  15. 家を買う・・・?

    家を買う家を買うということについて考えてみましょう!そもそも家を買うという表現はおかしいのかもしれません。車を買うとき、ディーラーや中古車販売店に車を見に行き「これ買います!」と言って、営業マンと契約書を交わします。

    続きを読む
  16. プロジェクトリーダー!

    住宅メーカーなどで家の購入を検討される場合、必ず『営業マン』が絡んできます。そのメーカーの窓口みたいなもので、最初にあなたが接した営業マンがあなたの家の"担当"になります。ということはつまり・・・あなたの担当がどんな営業マンになるかは、その時の運のようなものです。

    続きを読む
  17. 答えはあなたの中に

    先日ご依頼いただいたお客様からこんなことを言われました。「提案してくれる設計士によって違う間取りがでてきて、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました・・・。どちらがいいのですか?」実はこのようにおっしゃる方はとても多いのです。

    続きを読む
  18. お得な交渉術♪

    家づくりをする場合、営業マンや設計士との打ち合わせをすることになります。(当然ですよね 笑)野球やサッカーの試合の場合、試合会場が対戦相手によって変わります。自分達の使い慣れた球場でやるか、相手の球場でやるかホームかアウェイかは選手たちにとってとても大切なことです。

    続きを読む
  19. 展示場の上手な使いかた

    家づくりをする多くの人が利用する住宅展示場。展示場に行くということは営業マンと接することになりますよね。そうなると資料を送ってきたり、訪問してくるようになったりなど、営業マンとやりとりをする機会が起こることも予想されます。

    続きを読む
  20. “あなたの家”を考える

    突然ですが、ひとつ質問します。『あなたが家に求めるものはなんですか?』実はこの質問への答えというのは、本気で家づくりを考えている方にとってとても重要なのです。

    続きを読む
ページ上部へ戻る